一般社団法人化およびVI制定に関するお知らせ

報道関係各位
2012年10月1日
一般社団法人人材サービス産業協議会

一般社団法人化およびVI制定に関するお知らせ

 

民間人材サービスの業界団体からなる人材サービス産業協議会(事務局:東京都千代田区、理事長:中村恒一、略称「JHR」)は、2012年10月1日をもって一般社団法人となりましたのでお知らせします。併せて、当協議会のロゴマーク等のVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)を制定しましたのでお知らせ します。

JHRは、労働市場の健全化・円滑化に寄与し、社会からの期待に応えることを目的として、2012年7月1日に、民間人材サービス4団体(全国求人情報協会、日本人材紹介事業協会、日本人材派遣協会、日本生産技能労務協会)が会員となって創立されました。
2011年6月に発足した前身となる「人材サービス産業の近未来を考える会」からの活動開始以来、会員団体間の情報交換に加え、労働市場に対する調査研究やセミナーの開催などの活動を行ってまいりました。
今後において、機動的で積極的な活動によって更なる労働市場の健全化、円滑化を推進するために、社会的信用が高く、より多様な事業活動ができる一般社団法人化をしました。

またそれに併せてVIの制定を行いました。VIは、産業を代表する業界団体として所属する人材サービス企業から公募をし、選定を行いました。

今回選定されたVIは、無限大マーク(∞)をベースに『繋がりの連鎖』を表現したもので、緑とピンクは男女を表現しており『働く人の多様性』を象徴しています。また、2人が腕を組み踊っている姿とも取れる躍動感から、人々がたのしく働いている姿をイメージしており、我が国の今後の労働市場が目指すべきイメージとして相応しいという考えから、このマークを当協議会のロゴマークに制定することとしました。

今後は、『JHRは雇用構造の変化や労働市場の新たな要請に応え、健全かつ円滑な次世代労働市場を創造する。』をミッションに、複雑性を増す労働市場に対峙し、より多くの就業機会を生み出すことに努め、これまで以上に企業と個人の両者にバランスのとれたサービス提供を行い、それぞれのニーズを高いレベルで実現させる新たな取り組みを推進していきます。

 

<参考資料>

■ 一般社団法人 人材サービス産業協議会について

正式名称 一般社団法人 人材サービス産業協議会
英語表記 Japan Association of Human Resource Services Industry
略称 JHR
所在地 〒102-0071 東京都千代田区富士見2-6-9 雄山閣ビル3階
WEBサイトアドレス http://j-hr.or.jp
理事 【理事長】 中村 恒一
【副理事長】 高橋 広敏
【理事】
青木 秀登 (技能協 理事・ランスタッド)
家中 隆 (派遣協 会長・東京海上日動キャリアサービス)
今野浩一郎 (学習院大学経済学部 教授)
大久保幸夫 (リクルートワークス研究所 所長)
佐々木和行 (人材協 会長・トランサーチインターナショナル)
佐藤 博樹 (東京大学大学院 教授)
清水 竜一 (技能協 会長・日総工産)
鈴木 孝二 (全求協 理事・エン・ジャパン)
戸苅 利和 (法政大学大学院 客員教授)
水谷 智之 (人材協 副会長・リクルートキャリア)
監事 安西 愈 (安西法律事務所)
岡芹 健夫 (高井・岡芹法律事務所)
設立日 2012年10月1日

全求協・・・公益社団法人全国求人情報協会
人材協・・・一般社団法人日本人材紹介事業協会
派遣協・・・一般社団法人日本人材派遣協会
技能協・・・一般社団法人日本生産技能労務協会

■VI(ビジュアル・アイデンティティ)

logob1

 

logob2

 

 

ページの先頭へ