人材サービス産業について

市場規模と4つの形態 イメージ写真

市場規模と4つの形態

人材サービス産業は、採用関連業務の代行や、人材育成のための研修事業など多岐にわたっていますが、代表的な形態は、求人広告事業、職業紹介事業、派遣事業、請負事業の4つです。
人材サービス産業は、年間で約801万件の求人を取り扱い、約475万人に対してマッチングや就業管理を行っています。

詳しく見る


人材サービス産業のマッチングフロー イメージ写真

人材サービス産業のマッチングフロー

人材サービス産業にて、企業と就業希望者をマッチングする流れを、図でご紹介いたします。

詳しく見る


果たしてきた役割 イメージ写真

果たしてきた役割

人材サービス産業は労働市場の需給調整機能としてさまざまな役割を果たしてきました。
代表的な4つの役割を紹介します。

詳しく見る


産業の課題 イメージ写真

産業の課題

人材サービス産業は労働市場において需給調整機能の高度化に貢献してきた一方で、解決すべき課題も少なくありません。
変化の激しい時代情勢に合わせて、よりよい就労環境や人材活用に役立てるよう、解決すべき課題もしっかり捉えてまいります。

詳しく見る

ページの先頭へ