協議会概要 理事長メッセージ

理事長メッセージ

一般社団法人 人材サービス産業協議会
理事長
水田 正道

景気の回復にともない企業収益や雇用情勢の改善が続いております。
一方で、深刻な労働力人口の減少は経済活動にも影響する事態となり、政府は「働き方改革実行計画」を策定し、今年の通常国会ではその関連法案の審議が予定されています。

こうした社会環境において、企業は産業の高度化やグローバル化に対応するために必要な人材確保というHR課題に常に直面し、また、早期に生産性・イノベーション力を引き上げ潜在成長率を高める取り組みも求められています。
一方の働き手は、これまでの就業形態や働き方にこだわることなく、兼業や副業、フリーランスなども含め、自らのキャリア希望やワークライフバランスを実現することが可能な働き方を求める傾向が更に顕著になってきています。

企業・働き手それぞれのニーズがより多様化する中、採用・就職の最適なマッチング、雇用・就業の適確なサポートなど民間人材サービスへの期待は、これまで以上に高まっていると考えています。

当協議会は、このような社会の変化、企業や働き手の期待に応えていくため、職業紹介、人材派遣、業務請負、求人広告などビジネスモデルの枠を超えて、働きやすく、雇い入れやすい「健全かつ円滑な次世代労働市場の創造」を目指しています。

今後も、未来の労働市場を見据えた業界横断的な取組みを一層強化するとともに、各領域のサービス品質・業界の人材力の向上に取り組み、人材サービス産業全体として社会の期待に応えてまいります。

引き続き、労・使・社会のすべてにとって望ましい労働市場の実現に向けて邁進していく所存ですので、どうぞ、よろしくお願い致します。

2017年6月

 

ミッション

JHRは雇用構造の変化や労働市場の新たな要請にこたえ、
健全かつ円滑な次世代労働市場を創造する。

 

ビジョン

JHRは複雑性を増す労働市場に対峙し、
より多くの就業機会を生み出すことに努めます。

これまで以上に企業の人材活用のパートナーとして、また、個人のキャリア形成のサポーターとして、両者にバランスのとれたサービス提供を行い、
それぞれのニーズを高いレベルで実現させる新たな取り組みを推進していきます。