プロダクト キャリア形成支援プロジェクト

コラム

キャリア形成支援プロジェクト インタビューコラム この人に聞く 「キャリア」の話

column-main04

派遣社員のチカラを引き出す!4つのチカラの有用性

派遣社員のキャリア形成を支援する上で欠かせない「評価とフィードバックの仕方」について「4つのチカラ」キットを用いた手法やコミュニケーションの仕方を身につける「伴走力向上セミナー」が開催されました。このセミナーの講師で、「4つのチカラ」キット開発者でもある株式会社ハンゾー代表取締役 太田芳徳 氏にお話を聞きました。

今回、派遣元向けに「伴走力向上セミナー」を企画された目的を教えてください。

2013 年 11月に派遣スタッフ84名の方に「4つのチカラ」キットを使ったトライアルに参加していただきました。その際、派遣スタッフや派遣先企業から「モチベーション向上や汎用スキルを確認できるツールとして活用可能性がある」という声を頂いた一方で、2つの課題が明確になりました。

1つめは、このツールを使う際に背景の理解と不安の解消が必要だということです。
例えば「高い評価をすると時給が上がるのか」や逆に「低い評価だと契約がなくなるのか」といった声が派遣スタッフからも派遣先企業からも出ます。
派遣料金・時給は、業務内容と市場の需給バランスで決まるのが基本です。
「4つのチカラ」の評価だけで派遣料金・時給や契約継続可否が決まるものではないという説明をしっかりと行う必要があります。

もう1つは、派遣元担当者がこのツールを使い評価・フィードバックをするスキルが必要だということです。この「4つのチカラ」キットは、評価をもとにした就業基礎力の向上を支援するツールですから、派遣元担当者によるフィードバックはとても重要になってきます。
そのためには、派遣スタッフや派遣先企業の方と面談を行い今後の取り組みについて話し合うなど少なからず手間と時間がかかります。これに対する現場の負担感がハードルの一つになっていました。

この2つの課題を解決するためには派遣元向けの実践的な支援が必要であり、今回のセミナー開催に至りました。セミナーでは、派遣スタッフへのキャリア形成支援の必要性や背景、「4つのチカラ」を使う際の留意点やポイント、過去のトライアル事例の紹介、派遣社員・派遣先企業へ実施をお願いするトーク例や派遣スタッフのチカラを引き出すようなフィードバック方法をもりこみ、参加された方々が自社に持ち帰って社内で展開していただけるようなセミナーを目指しました。

12