シンポジウム

JHRシンポジウム2013 「雇用改革時代における人材活用のこれから」

雇用改革時代における人材活用のこれから

“ミドルのチカラ”を十分に活かし企業が躍進するために、企業はどのように人材を採用し活用すればよいのか。マクロの労働市場や企業を取り巻く環境変化、経済産業省・厚生労働省の政策方針を踏まえたうえで、これから企業に求められる人材活用のあり方を提案させていただきました。

後援:経済産業省・厚生労働省・日本商工会議所・東京商工会議所
日時:2013年10月23日 
場所:リクルートG8ビル(東京都中央区)

プログラム 登壇者 講演資料
開会のご挨拶 人材サービス産業協議会理事長 中村 恒一
第1部 『求められる人材活用のパラダイムシフト』
基調講演 学習院大学経済学部教授 今野 浩一郎氏 PDF
産業構造の転換に伴う労働移動 経済産業省経済産業政策局 奈須野 太氏 PDF
労働政策にみるミドル層の労働移動支援 厚生労働省職業安定局 松原 哲也氏
ミドル採用における新たなフレームワークのご紹介とその可能性 人材サービス産業協議会副理事長 高橋 広敏 PDF
第2部 『ミドルのチカラを活かす採用・人材活用の在り方とは』
パネルディスカッション サイゼリヤ取締役 組織開発室長 長岡 伸氏
ナゴヤパッキング製造経営企画室・アジア事業開発室室長 小寺 一輝氏
リクルートキャリア代表取締役社長 水谷 智之
学習院大学経済学部教授 今野 浩一郎氏
PDF
閉会のご挨拶 人材サービス産業協議会副理事長 高橋 広敏

※肩書は、シンポジウム当時

ページの先頭へ