「TOKYO就活スタイル」プロジェクトチームへの参画のお知らせ

報道関係各位
2013年4月12日
一般社団法人人材サービス産業協議会

「TOKYO就活スタイル」プロジェクトチームへの参画のお知らせ

 

民間人材サービスの業界団体からなる人材サービス産業協議会(事務局:東京都千代田区、理事長:中村恒一、略称「JHR」)は、東京都が独自の就職支援策「TOKYO就活スタイル」を構築するプロジェクトチームに参画することになりましたのでお知らせします。

東京都の有効求人倍率は1.19倍である一方、失業率は4.2パーセントと依然として雇用のミスマッチが存在しています。このような状況において東京都では、東京に数多く集積している人材サービス事業者のノウハウを活用し、また、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及など就職活動スタイルの変化に対応していくことが必要となっていました。
そのため東京都では、独自の就職支援策「TOKYO就活スタイル」を構築するためプロジェクトチームを発足することになり、民間人材サービスの立場としてJHRから2名の委員を推薦し参画することとなりました。

JHRは『雇用構造の変化や労働市場の新たな要請に応え、健全かつ円滑な次世代労働市場を創造する』をミッションに、複雑性を増す労働市場に対峙し、より多くの就業機会を生み出すことに努め、これまで以上に企業と個人の両者にバランスのとれたサービス提供を行い、それぞれのニーズを高いレベルで実現させる新たな取り組みを推進していきます。

【プロジェクトチーム概要】
1 委員構成

氏 名  役 職
●高橋 広敏 一般社団法人人材サービス産業協議会 副理事長
(㈱インテリジェンス代表取締役兼社長執行役員)
●水谷 智之 一般社団法人人材サービス産業協議会 理事
(㈱リクルートキャリア代表取締役社長)
佐藤 博樹 様 東京大学大学院情報学環 教授
原 正紀 様 株式会社クオリティ・オブ・ライフ 代表取締役
夏野 剛 様  慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 客員教授
SNSの専門家 (調整中)

●印は今回JHRより推薦した委員。佐藤博樹氏もJHRの理事でありますが、上記の役職として東京都より選出されています。

2 今後の予定
第一回開催 5月(予定)
○ 全4~5回程度
○ 議論の内容を平成26年度予算編成に反映できるよう取り組む

以 上

ページの先頭へ