リリース

「派遣社員の評価に関する派遣先担当者調査」結果公表のお知らせ

一般社団法人人材サービス産業協議会(事務局:東京都港区、理事長:水田正道、略称「JHR」)は、派遣先担当者が派遣社員に求めるスキルや、
契約更新や処遇向上、正社員への登用のときに評価する能力等に関する調査を実施しました。
調査の結果、派遣先による派遣社員の能力評価が派遣社員の契約更新(派遣契約の更新)、派遣料金の向上(処遇の向上)や
正社員への登用の判断にも活用されており、その際により重視されるのは、下記の「4つのチカラ※」に代表される汎用スキルであることがわかりました。

■調査概要
実施時期 2017年2月
回答数824人(派遣社員の評価や教育、サポート、業務指示等を行っている正社員)

■調査結果概要については、以下URLからダウンロードしていただけます
http://j-hr.or.jp/products/careersupport/tool-pt/

※「4つのチカラ」とは?
どのような業務や職場でも必要となる汎用スキルのうち、対人基礎力と対自己基礎力について、
下記の4つにわかりやすく類型化したものです。
・傾聴共感・・・人の話に耳を傾け、相手の考えや言いたいことを理解するチカラ
・役割遂行・・・自分の役割を意識して、割り当てられたことに責任をもち、遂行するチカラ
・情報発信・・・報告・連絡・相談をし、有用な情報は周囲に伝えるチカラ
・感情管理・・・仕事上での自分の感情の上下を意識し、冷静になることができるチカラ
※JHRでは、「4つのチカラ」の能力診断と向上支援のためのツールを開発し、希望する企業に無償配布しています。
「4つのチカラ」(キャリア形成支援プロジェクト)について
http://j-hr.or.jp/products/careersupport/

●一般社団法人人材サービス産業協議会(JHR)とは
国内の主要な民間人材サービス業界団体より出資・運営されている連携横断組織です。
労働市場で発生する業界を横断する課題に取り組み、健全かつ円滑な次世代労働市場の創造をミッションとして活動しています。
全国求人情報協会(求人広告)、日本人材紹介事業協会(職業紹介)、日本人材派遣協会(人材派遣)、日本生産技能労務協会(製造業派遣・請負)、日本エンジニアリングアウトソーシング協会(無期雇用型エンジニア派遣)の5つの協会が正会員として構成されています。

■本件に関するお問い合わせ先
一般社団法人人材サービス産業協議会 事務局
広報担当/松坂・川渕
TEL:03-4571-2810
E-mail:info@j-hr.or.jp