外部労働市場における賃金相場情報提供に関する研究会 業界横断的な調査研究・政策提言

外部労働市場における賃金相場情報提供に関する研究会

目的

政府の働き方改革の主要テーマである「同一労働同一賃金の実現」に向けて、転職市場における主要職種の年収相場を調査分析し、求人企業はより良い人材を確保するために必要な年収の目安として、求職者には提示された年収が適正かどうかを判断する目安として、また希望する年収を得るために必要な知識・経験やスキルなどを把握することで自立的なキャリア形成の参考情報として、活用いただくことを目的としています。

概要

人材紹介・求人情報業界の協力を得て、毎年4~9月の正社員中途採用の求人依頼の
多い12職種と労働市場において注目度の高い職種を選定し、調査分析しています。

研究会メンバー

池津祐樹(株式会社リクルートキャリア)
黒澤敏浩(株式会社ジェイエイシーリクルートメント)
佐藤博樹(中央大学大学院教授)
島森浩一郎(株式会社マイナビ)
戸田淳仁(リクルートワークス研究所主任研究員)
増田由利子(ディップ株式会社)
水端雄大(エン・ジャパン株式会社)
山口真生人(株式会社リクルートジョブズ)
吉田秀治(パーソルキャリア株式会社)

事務局 宇佐川邦子・川渕香代子(一般社団法人人材サービス産業協議会)

※2017.12.1現在

調査結果

転職賃金相場2017